MENU

医療事務と調剤薬局事務の違いとは?

医療事務の人気は相変わらずですが、医療事務に続き最近人気急上昇なのが「調剤薬局事務」の資格です。

 

この調剤薬局事務は、大きくまとめると医療事務の中に組み込まれるともいえますが、
医療事務と調剤薬局事務は根本的に大きな違いがあります。

 

まず、働く場所が違います。
医療事務と言うと病院での事務仕事となりますが、調剤薬局事務は文字通り調剤薬局での仕事となります。

 

調剤薬局は病院のすぐ隣にあったり、今ではドラッグストア内など様々な場所にあるので誰でも必ず一度は見かけた事があると思います。
昔は病院で診察を受けて会計で薬をもらうというのが一般的でしたが、今では診察や治療は病院で医師が行い必要に応じて処方箋を発行し、薬の調剤は保険薬局で薬剤師が行うという「医薬分業」が進んでいます。

 

病気の専門家の医師と、薬の専門家の薬剤師の仕事をきっちりと分ける事で、それぞれの専門分野での特性を活かして医療の質の向上を図るという訳です。
また病院の規模にもよりますが、医療事務の対象は外来患者さんや入院患者さんになりますが、調剤薬局事務の対象は外来患者さんが中心になります。

 

このように聞くと、医療事務と比べ調剤薬局事務は仕事内容や量が少なく感じるかもしれませんが、医療事務の場合は事務以外に薬剤師の補助等の仕事もあります。

 

それに、
医療事務はカルテの内容からお薬の情報を読み取る力が必要ですが、調剤薬局事務はカルテの情報はなく、処方箋に記載されたお薬の名前だけで薬効や成分等を理解する能力が必要になってきます。

 

次に、医療事務と調剤薬局事務のその他の違いとしては学ぶ内容の範囲です。
医療事務はレセプトの他にも会計計算する上で、検査や処置・手術など医療に関する幅広い内容を学ぶ必要があります。

 

一方の調剤薬局事務はというと、病院での診察にかかった会計などはすでに病院で医療事務によって計算され清算されているので、調剤薬局事務がするのは薬の部分のみです

 

つまり、調剤薬局事務勉強する範囲も医療事務に比べると狭いというわけです。

 

医薬分業が進み、院外処方を行っている病院やクリニックもどんどん増えてきていますので、調剤薬局事務は今後更に需要も増え注目されていく職種だと思います。
資格取得では、医療事務は医療に関わる事全てを勉強しなくてはいけないので、2つを比較すると医療事務のほうが難易度は高いと思います。
また働く際も、医療事務の資格をもっていれば調剤薬局で働ける事も多いようです。

 

医療事務を取得できる学校に通うとなると、例えばニチイ学館の通学講座では医療事務の資格2つ以外に調剤事務の資格も取得できます。3カ月で取得を目指すわけですが、3つとも取得しようすると結構大変だそうです。
しんどいところですが、医療事務中心に3つの資格を取れれば就職にもかなり有利になってくるでしょう。

 

調剤に関する資格もいろいろありますが、医療事務に比べると勉強範囲も狭く医療系が初めての方でも挑戦しやすい資格と言えますので、医療機関に関わる仕事に興味があるという方は要チェックの資格だといえますね。

 

医療事務の仕事は、誰もが知っている有名な仕事の1つだと思います。
ただ病院では診察や治療を行い、調剤薬局でお薬の処方というように役割分担がされつつあるので、調剤薬局事務は今注目される資格の1つです。

関連ページ

医療事務資格で人気の2つの資格がこれだ!
数ある医療事務資格の中でも代表的な2つの人気医療事務資格をご紹介します!
医療事務資格のおすすめがこれだ!
おすすめ医療事務資格や種類、調剤薬局事務との違い