MENU

おすすめの医療事務資格や種類、調剤薬局事務との違い

おすすめ医療事務資格や種類、調剤薬局事務との違い などをご案内します。

 

医療事務の資格に限ったことではありませんが、何かの資格を取得しようと考える場合は、

 

何の為に資格を取得するか
ということをしっかりと考えた上で勉強を進めていく必要があります。

 

資格取得は明確な目的が無いと学習が長続きしないため、必ず資格取得を目指す場合は明確な目的や目標を設定するようにしましょう。

 

また、医療事務の資格には様々な資格が用意されていますが、それぞれの資格によって医療事務として就職や転職をする場合の影響度は異なってきます。
できるなら自分がどのような目的を持って医療事務として働きたいかと言うことを確かめて、それに沿った医療事務の試験受けるようにしましょう。

 

医療事務に関連した資格はたくさんあって、それぞれの資格によって難易度は異なっているので、できるだけ難易度の低い試験を受けて資格を取得したいという人もいるかと思いますが、難易度の低い資格というのはそれだけ他の人も取得しているということになるので、少しでも他人との差別化を図るためには難易度の高い試験に挑戦する方が良いでしょう。

 

 

こういった一般論が語られがちですが、実はハローワークの求人票をみても、応募に必要な資格として、「医療事務の資格」としか記載されていないケースがほとんどです。

 

つまり、
医療事務の資格であれば、どの資格であっても大差はないということです。

 

就職や転職に役立てたいという理由で医療事務の資格を取得しようとするのであれば、早めに取得できる簡単な資格を取得して就職や転職に役立てる方が賢い選択と言えます。
医療事務に関連した資格はもちろん医療事務として働きながらでも資格取得が目指せるため、長期的に目標とする資格を用意するのも一つの方法と言えるでしょう。

 

医療事務の資格といっても、医療事務に関する資格は色々あります。

 

複数の団体などが資格試験を行い、独自の基準で判定されます。
なぜかというと、医師や看護師のように医療事務資格は国家試験ではなく民間試験になるからです。

 

でも民間試験だからといっても医療機関からは高い評価を受けている試験は多いです。
また、一言で医療事務といっても働く職場や分野で特化された資格もあるので、自分が働きたい病院やライフスタイルに合わせてどの資格は必要になるか選択する必要があります。

 

医療事務の資格として有名なものは、診療報酬請求事務能力認定試験があります。
難易度も高く、医療事務資格の中では最高峰といわれています。レセプトを作成する能力を確認する資格です。

 

他にも医療事務技能審査試験があります。
この資格を取得した方は「メディカルクラーク」と呼ばれ、レセプト業務や窓口業務など医療事務に必要な知識全般をもっていることを証明する資格の1つです。

 

また医療秘書実務能力認定試験は名前の通り、医療秘書として医事課や医局、教授の秘書として医学の基礎的な知識や対応マナーなどを判定する試験になります。

 

さらに専門的な分野の資格になると医師事務作業補助技能認定試験があります。
この試験合格者には「ドクターズクラーク」の称号が与えられ、カルテや診断書、処方箋等の医師の作業補助職として必要な医学知識を判定する試験になります。

 

調剤薬局での事務として知識や技能を判定する、調剤報酬請求事務技能認定試験もあります。

 

医療事務資格といっても、このように様々な資格があるので今後自分が何をしたいかによってどの資格が必要になってくるか見極めが大切になってきます。

 

医療事務の試験問題の形式

医療事務の資格は色々あり、資格によって試験内容は異なってきます。

 

でも共通していえるのは、ほとんどの資格試験には学科と実技があるという事です。

 

学科の内容は試験によってそれぞれ違いますが、出題方法としては選択式が多いです。
出題範囲も、医療保険制度や公費負担医療制度など保険関係から出題する試験は多いです。

 

また医療事務のメインの仕事となる診療報酬の算定方法や診療明細書に関する知識からも出題する試験は多いと言えます。

 

ただ専門的な資格試験、例えば「医療秘書実務能力認定試験」や「医師事務作業補助技能認定試験」は、基礎的な医学知識や対応マナーなども出題されます。

 

実技の場合は、手書きでレセプトを作成させる出題が多いです。
問題数は試験によって違ってきますが、外来・入院ともに作成させる試験が多いと言えます。

 

さらに他の資格試験と出題方法が違うのは「医療事務技能審査試験」で、俗にメディカルクラークといわれる試験です。
他の資格試験では出題されない、小論文方式で患者接遇を判断される問題があります。
また実技問題もレセプト作成よりは、レセプトの間違いを探す出題方法になっています。

 

これは今の時代、手書きでレセプトを作成する病院はほとんどなくコンピュータで出力され、そのレセプトを確認する作業が大半なので、より実務に近い出題方法だといえます。

 

どの試験の学科・実務も実際に問題を解き始めると時間が足りなくなることが多いので時間配分はとても重要になってきます。

 

 

病院で医療事務をしていると話をすると、

 

「医療事務として働くためには資格は必要なんですよね?」
と聞かれる事がよくあります。

 

それだけ医療事務の仕事に興味を持っている人が多いという事ですね。

 

資格に関してですが、同じ病院勤務でも医師や看護師は国家資格なのに対して、医療事務は民間資格なので働くためには必ず資格が必要と言う訳ではありません。
ただ、
資格を持っている事が採用する上での判断材料となっている所が多いので、医療事務を目指すなら資格を取っておいた方がいいと思います。

 

民間資格なので、医療事務の資格の種類もたくさんあります。

 

ざっと挙げてみると、診療報酬請求事務能力認定試験・医療事務管理士技能認定試験・メディカルクラーク(医療事務技能審査試験)・医療秘書技能検定試験・医療事務検定・保険請求事務技能検定試験・日本医師会医療秘書認定試験・・
と堅苦しい名前が並んでますが、これはほんの一部分。では、具体的に代表的な医療事務資格を一つずつみていきましょう。

医療事務技能審査試験

医療事務技能審査試験は、別名メディカルクラークと言われる資格です。

 

資格の種別は1級・2級があり、特に2級の受験者数が多いです。
また、医療事務の資格試験としては最大規模の試験になります。
難易度はそれ程高くなく、合格率は50〜60%ぐらいです。

 

でも長年全国で実施されている資格試験になるので、医療機関からの評価が高い資格です。

 

試験内容は、
1.実技Tは患者接遇・院内コミュニケーションの筆記が50分で2問出題されます。
例えば「診察券をなくしたんですが、今日は診察を受けれますか?」と患者さんから問い合わせがあった場合、自分ならどのように対応するかを400文字以内で小論文形式の試験です。

 

実際に窓口にいるつもりで敬語を使って正しく対応出来るか判断する内容です。

 

次に2.学科は60分で25問択一式で出題されます。
出題範囲は、医療保険制度・高齢者医療制度・公費負担医療制度・介護保険制度・医事法規一般・医事業務の6つと、診療報酬請求業務・医学一般・薬学一般・診療録の中から受験者が1つ選択する全部で7つの範囲からになります。

 

学科は参考資料が持ち込み出来る試験になります。
ただ持込み出来るといって安心せず、ある程度は知識を覚え、参考資料もどこに何が書いてあるか覚えておくと調べる時間も短縮できて時間に余裕を持って試験に挑めます。

 

また、問題の箇所で「正しいもの」「誤っているもの」と統一性がない出題の仕方をするので問題をその都度よく読んで取り掛かるといいです。

 

最後は3.実技Uで診療報酬請求事務になります。
内容はレセプトの点検で、解答用紙のレセプトがカルテの内容と誤りがないか確認する内容です。

 

外来が3問・入院が1問の計4問出題され70分になります。
患者氏名や保険者番号など1番単純な箇所が誤っていたりする場合もあるので、見落とさないように注意が必要です。外来の3問目と入院の問題が難しい傾向があります。

 

合格基準は実技T・U、学科の各々の得点率が70%以上で合格になります。

 

試験日は1級は2,6,10月の年3回、2級は毎月実施され、受験料は6,500円になります。

診療報酬請求事務能力認定試験

診療報酬請求事務能力認定試験は、受験者数が多く人気の試験ですが
難易度が高い資格試験で有名です。

 

年間2万人近くの受験者数がいます。

 

必要な受験資格が無いというのも診療報酬請求事務能力検定のメリットと言えますが
合格率は20〜30%程で、医療事務関連の資格の中でも最高峰の資格と言えます。

 

いろいろある試験の中では難しい試験に分類されているため、試験勉強を始めてもすぐには合格しない人がたくさんいます。

 

そのため医療機関の評価も高く、中には資格手当など給与に直接反映させている医療機関もあります。

 

試験内容は、選択式の学科20問と、実技試験として外来と入院のレセプトを作成する問題が1問ずつ計2問出題されます。

 

学科の20問は5者択一になります。
問題数は20問と少なく感じますが、実際に問題を解いてみると時間が足りなく最後まで解けない場合が多いです。

 

出題範囲は医療保険・公費制度などの保険関係から4〜5問、残りは診療報酬の算定に関する問題になります。

 

診療報酬の算定問題といっても実際に計算問題は出題されず、診療報酬の点数表全範囲からまんべんなく詳細に渡って出題されます。

 

例えば、
神経因性膀胱により自然排尿が困難な患者は、在宅自己導尿指導管理料の対象患者である

 

という内容の問題で、本当に診療報酬点数表の内容の理解が必要になる難易度の高い問題ばかりです。

 

でもテキストなどの持込み可能な試験なので、どこにどのようなことが書かれていたか思い出せるようにしておくことが重要です。

 

また問題は5者択一で、a(1)(2),b(2)(3),c(1)(3)(4),d(1)〜(4),e(4)のみ,という出題の仕方で正しいものを選ぶようになっています。
なので例えば(2)の問題内容が間違っていれば必然的にa,b,dは解答せず(1),(3)の問題を解き、間違いなら解答はeのように消去法で問題を進めていくのも時間短縮にはおすすめです。

 

実技試験は、レセプト作成になります。
外来レセプト作成は基礎的な内容が理解出来れば作成出来る内容が多いので心配することはありません。

 

ただ入院レセプト作成は、内容のボリュームも多くレベルの高い問題が出題されます。
また手書きで作成するので、ここでも時間配分が重要になってきます。
試験時間は、学科・実技合わせて3時間になり、合格基準は非公開になっています。
試験日は、7月と12月の年2回実施され、受験料は7,500円になります。

医療事務管理士技能認定試験

医療事務管理士技能認定試験は、40年以上の実績を持つ資格で医療事務全般の能力や評価を認定する試験です。

 

また資格取得者は18万人以上みえ、平成17年10月、特許庁より「医療事務管理士」の商標登録が認められたことにより名実ともに認知された資格です。

 

合格率は40〜50%ほどで、難易度はそれほど高くありませんが、医療機関では評価が高い試験です。

 

試験内容は、学科がマークシート方式で10問出題されます。
出題範囲は、医療保険制度や後期高齢者医療制度、解剖学などの基本的な医学知識からも出題されます。
そして保険請求や医療用語など広範囲から出題されます。

 

ただテキスト等の参考資料は持込み可能になるので、どこにどのような事が書かれているかを思い出せるようにしておくと時間に余裕をもって試験に挑めます。

 

実技試験の出題内容は、レセプトの作成・点検になります。
外来2問、入院1問の計3問出題され3問中1問が点検問題になります。

 

時間は3時間ありますが、実際に作業に取り掛かると3問のレセプトを作成するのが短く感じるので時間配分が重要になってきます。

 

試験のコツとしては、レセプトに記入したものはカルテにチェックを入れるなどして記入漏れが内容にするのがおすすめです。
また入院の入院基本料の項目が配点点数が高いらしいので、ここも重要にしてレセプト作成するのもいいと思います。

 

合格基準は、学科70点以上、実技70%以上の得点とし、学科・実技とも合格基準に達した場合のみ合格になります。

 

試験日は。奇数月の第4土曜日で年6回実施されます。受験料は6,000円になります。

メディカルクラーク検定試験

このメディカルクラーク検定試験ですが、個人のみでなく、団体でも受験することが多いです。
実際にこれまでに受験した人数について見てみても、約150万人近くにも及ぶことが言えるのです。

 

つまり、これだけすさまじいとも言える数の受験者がこの試験にチャレンジしているのです。
医療事務に関連した資格の中でかなり認知度が高い資格で歴史が40年を超えています

 

医療事務に必要な知識や技術があるかどうかということを試験で計り、医療事務としての知識や技術があらかじめ決められている基準を超えることで資格の取得ができます。

 

メディカルクラークの試験に合格するとメディカルクラークの称号を付加してもらうこともできるので、医療事務員としての地位も向上します。

 

この資格を持っていると、医療事務の求人に応募した際に、採用される確率がアップすると言われています。
と言うのも、この資格を保持しているということは、医療点数に精通していて、点数を金額に換算する時に力を発揮すると言われているからです。

 

合格率は約60パーセントくらいですが、合格ラインはきちんと決まっているし、あくまでも相対評価なので、基準に達していれば、誰でも合格できるのです。

 

きちんと加点されるポイントを押さえておけば大丈夫です。
ただし、基準に達していなければ、合格はできません。

 

メディカルクラークの試験は医療事務に関連した資格の中では珍しく、試験を受けるためには医療事務の実務経験が必要となっていますが、実務経験が無い場合は用意されている教育カリキュラムを受講することで試験を受けることができるようになります。

 

ちなみにメディカルクラーク試験には2級の試験と1級の試験がありますが、1級の試験を受けるためには2級の試験を受ける必要があります。
いきなり1級の資格を取得することはできませんが、1級の資格になると難易度はかなり高くなってくるため、資格を取得していることによって医療事務の就職や転職にかなり有利に働いてきます。

 

どの医療事務の資格がおすすめか?

医療事務資格は、たくさん種類があるのでどの資格を目指したらいいか迷うところです。
自分の働きたい病院はどの資格は必要か分かる方は調べて、その資格取得を目指すのがいいと思いますが、なかなか自分で調べるのも難しいと思います。

 

ですから、
どの医療事務の資格を取るのか迷ったら、人気なものや難易度、試験の実績など客観的なデータで検討するのもいいと思います。

 

まず医療事務関係の資格として有名なものは「診療報酬請求事務能力認定試験」があります。レセプトを作成する能力を判定する試験になります。

 

年間2万人近くの人が受験する人気の試験ですが、合格者が2割程と難易度が高く、医療事務関連の資格の中では最高峰と言われています。
その為、医療機関からの評価が高いので。迷ったらこの資格取得にチャレンジするのもいいかもしれません。

 

次に「医療事務技能審査試験」があります。

 

年間5万人近くの受験者がみえる医療関連の資格の中では、1番大規模で行われる試験です。
また合格者にはメディカクルラークの称号も与えられるので人気の試験です。

 

レセプト関連の知識はもちろん、患者さんの接し方や対応のマナーまで学べる試験なので医療事務として必要な事が総合的に判断される試験です。
でも合格者は5割近くと難易度もそれほど高くないので、1発合格を目指して就職に結びつけるのにおすすめの資格かもしれません。

医療事務系資格の種類記事一覧

医療事務の資格を取りたいけどたくさんありすぎて迷っている・・という人も多いのではないでしょうか。一つ一つの資格を確認しながら一番自分が取りたい!と思った資格を目指すのが一番いいのでしょうが、自分で調べる時間がなかなかない・近くに学べる場所がない、試験を受けるのに遠方まで行かなくてはならないなどという場合もあるかもしれません。そこで、医療事務資格の中でも特に人気の2つの資格をご紹介しますね。「診療報...

医療事務の人気は相変わらずですが、医療事務に続き最近人気急上昇なのが「調剤薬局事務」の資格です。この調剤薬局事務は、大きくまとめると医療事務の中に組み込まれるともいえますが、医療事務と調剤薬局事務は根本的に大きな違いがあります。まず、働く場所が違います。医療事務と言うと病院での事務仕事となりますが、調剤薬局事務は文字通り調剤薬局での仕事となります。調剤薬局は病院のすぐ隣にあったり、今ではドラッグス...

医療事務資格の中でもおすすめってどれですか?こういう質問をたまに受けます。たくさんあるのでどれにするのか迷っているといった所なんでしょうね。どの資格を選ぶのかは人によって様々です。例えば人気の「診療報酬請求事務能力認定試験」は医療事務の中でも難関として知られていますが、転職組など全く医療事務の勉強もしておらずこれから医療事務として働きたい!という人には私はあまりおすすめはしません。何故かと言うと、...