MENU

医療事務を取るのに通信講座がおすすめの3つの理由とは?

女性が働ける職場として若い女性から主婦にと幅広く人気なのが医療事務です。

 

医療事務が働ける場所には、病院・歯科医院・調剤薬局があり、病院といっても大きな総合病院から小さな診療所までありますし、調剤薬局は今ではドラッグストア内にもあるなどその働く場所も増えつつあります。

 

ではこの医療事務の資格を取るにはどうしたらいいのでしょうか?

 

資格取得の方法としては大きく分けて通学講座・通信講座・独学がありますが、中でも通信講座が特に人気を集めています

 

勉強するには通学講座や専門の学校に通いその知識を学ぶのが一番てっとり早いのに、

 

なぜ今通信講座が人気なのでしょうか?

 

1.時間の融通が利く
通学や学校に通い直接講師から学ぶ事は確かに勉強する上で一番良い環境と思います。
ただ小さな子供がいる主婦や仕事をしている人には「通学する」という事はなかなか難しいのが現実です。
朝の9時過ぎから夕方4時ころまで授業でびっしり予定が入ってきます。

 

この、「夕方まで授業で拘束される」という点が実際のところ、かなり子育て世代には厳しいところです。
一方、通信講座の場合は自宅で好きな時間に勉強することができます。

 

仕事から帰ってきてから・子供が寝てしまってから勉強するなど自分の生活環境に合わせて好きなように勉強時間を組み立てる事が出来るのが最大のメリットです。

 

2.経済的に資格取得が可能
また通学に比べて金額が安く手軽に始められるというのも通信講座が人気となっている理由です。
通学だと、例えば大手のニチイ学館ですと3か月コースで約15万円かかります。
資格を取って就職しようということですから、正直、就職前に15万円の投資をするのはかなり勇気がいります。

 

一方、通信講座であればおおむね5万円前後で済みます。

 

通信講座で有名と言えば「ユーキャン」ですね。
CM・新聞チラシ・雑誌の折込・スーパーに設置などユーキャンの資格取得講座について目にする事も多く知名度はトップといえるでしょう。
その他、ニチイ学館や日本医療事務協会・ヒューマンアカデミーなどは通学とともに医療事務の通信講座を行っています。
いずれも5万円前後で受講が可能なので、経済的にもトライしてみようかという気持ちになる方も多いでしょう。

 

3.通学の距離を気にしなくてよい
通学の場合、学校が家から通いやすいかどうかは重要な問題です。
通学に1時間もかかるようでは現実的ではないでしょう。通信講座であれば自宅でできるわけですから通学時間に悩む必要はありません。

 

通信で医療事務の勉強を始めたのはいいけれど、ついていけなくて止めた・途中でやる気をなくしてしまったなどという事がないよう、講座内容や金額・どの資格に対応しているかなど調べてそれぞれのメリット・デメリットをふまえて気に行った通信講座を見つける事をおすすめします。

 

 

一括資料請求が大変便利です

一括資料請求サイトのよい点は、なんといっても1回だけの入力で複数のスクールに資料請求できること。
また、医療事務の通信講座の費用が一目瞭然でわかるのも嬉しい点です。

 

通信講座を検討中の方ならこちらがおススメです。
医療・介護・癒しに関する資格講座情報・資料請求サイト「シカトル」

関連ページ

医療事務講座の比較・評判
人気の医療事務講座を比較しました!比較する事で講座も選びやすくなります。
ソラスト医療事務の評判・口コミ・合格率
医療事務の資格取得ための勉強方法は、通学講座と通信講座と独学の3種類があります。通信講座を利用する場合が大半だと思いますが、平均6ヶ月が多いのです。
ユーキャン医療事務の就職・合格率・評判
医療事務の通信講座といえばユーキャンの医療事務が大人気!その理由は?合格率・評判もご紹介します!
日本医療事務協会の評判・口コミ
日本医療事務協会の通信講座の気になる評判は!?受講生15万人以上の高い実績を誇る理由がこれだった!
ニチイ医療事務通信講座の評判
元々医療事務関係の企業であるニチイ学館は他の通信講座と違い、長年医療事務に関わっている分土台が違います。テキストも厚生労働省認定のテキストを使用しています。
ヒューマンアカデミー医療事務講座の評価
ヒューマンアカデミーの医療事務通信講座の1番の特徴は100%の合格保証ですね。
資格の大原 医療事務講座の評価
資格の大原の医療事務講座の最も大きなウリは、自分の就職希望先や資格を取得したらどのような病院で働きたいかによって勉強するコースが分かれていることです。
医療事務講座を探すには一括資料請求が一番!
医療事務の資格どこがいいの?そういう時は一括資料請求サイトを利用しましょう