MENU

医療事務の求人の見つけ方

医療事務の求人を探すには、大きく3つの方法があります。

インターネットで求人を探す

まず、最近の傾向でトライする人が多い方法は、インターネットで求人を探す方法です。
パソコンのみならず、今はスマートフォンでも求人を探すことができるので、インターネットを日常的に活用している方にとっては、非常に便利に感じるものです。

 

これにはハローワークの求人を探すということも含まれています。
ハローワークの求人はインターネットで調べることができますから、ここから医療事務のキーワードなどで検索すれば求人情報がいっぱい出てきます。
気になる求人を見つけたらハローワークに行って詳しい内容を確認してみましょう。

 

無料の求人誌を見て求人を探す

他には、無料の求人誌を見て求人を探す方法もあります。
この方法ですと、無料で求人情報を得ることができます。
しかも求人誌の置いてある場所は、地域ごとに分けられているので、地元の求人を中心に探すことが可能になります。

 

もし自宅から遠い場所で勤務するともなれば、それだけで通勤時間がかかりますが、自宅の近くでしたら、通勤時間もそこまでかかりません。

 

転職エージェントを活用する

最後に、転職エージェントを活用する方法も考えられます。
この方法ですと、一般に公開されていない求人情報を得ることができます。
そのため、もし運よく求人を紹介してもらえたら、是非とも応募してみると良いでしょう。

 

医療事務応募の際の履歴書作成から面接まで

どの医療事務の求人に応募するにしても、絶対に通らないといけない関門が、履歴書の作成です。
また職場によっては、履歴書以外に職務経歴書という書類の提出を求められることもあります。
この職務経歴書は10年ほど前から採用の現場で提出を求められるようになりました。

 

しかしながら、履歴書・職務経歴書の作成は、多くの求職者の場合、不慣れの場合も多く、どこか苦手意識を抱いてしまう人が多いのも事実なのです。
ここでは、履歴書や職務経歴書の作成の際に、どんな点に気をつければ良いのかについてお話します。

 

採用担当者からすれば、履歴書を見れば応募者が医療事務に相応しいかどうかは、すぐに分かると言われています。
書き損じがあれば、書き直すということが大原則となりますが、書き直さずに修正液を使ったり、場合によっては横線を引いて訂正して提出される方が意外と多いものです。

 

あと、意外と重要なのは、転職歴が複数回ある場合、退職の理由を書いたほうがよい場合があります。
なぜなら、
採用担当者によっては、退職回数が4回、5回とあると、こらえ性のない方だと判断することがありますが、退職理由がやむを得ない理由(会社倒産、業績悪化、職種変更、結婚、妊娠など)が書かれていれば、マイナスイメージを回避することがあるからです。

 

ほかにも、いろいろな記述ポイントがありますが、自分ではうまく書けないという場合は、ハローワークで相談されることをお勧めします。
ハローワークって意外と親切です。専門の相談員が丁寧に時間をかけて添削してくれます。
相談員によって正直力量の違いがあるので不満を感じてしまうこともありますが、複数の相談員にチェックしてもらうこともできますから積極的にハローワークを利用されることをお勧めします。
そのような準備をすることで、書類審査に通る確率は確実にアップします。

 

医療事務の面接で聞かれる質問

面接も書類作成同様、苦手意識がある方が多いですが、採用されるポイントを意識した上で、誠意をもって面接に臨めば、得る結果が異なってくるのです。

 

では、医療事務の面接においては、一体どんなことが質問されるのでしょうか。

 

最初に書かれやすいのが、これまでの職歴です。
仮に求人票には「未経験者歓迎」となっていても、これまでのキャリアがお願いしたい仕事にどれだけマッチするか採用担当者にとって気になるところです。
また、転職している場合はその理由も聞きたいところですね。
あまりに転職が多くて転職理由も自己都合ばかりとなると採用する側としては不安になってしまいます。

 

また、次に多いのは、志望動機です。
この志望動機では、なぜ応募先の職場を志望したのかが問われます。

 

この際、難しく考えてしまいすぎると、自分の言いたいことを上手く伝えることができずに終わってしまうので、できるだけシンプルに考える方が良いでしょう。
あまり難しく考えなければ、シンプルな表現で採用担当者に上手く伝えることができます。

 

お勧めなのは、
自分の経験や強みをしっかりアピールすることです。

 

また、志望動機を言う際は、応募先の職場のどういう点に惹かれたのかについても、しっかり準備できているとよいといわれます。
色々な就職対策の本を読むと、「なぜ御社なのかをしっかり伝えられることが重要」と書かれている場合が多いです。

 

確かに、これを行うことによって、応募先の職場のことについてきちんと調べた上で採用試験に臨んでいるという印象を持たれます。
しかし、実際には、なぜその職場が第一希望なのか、明確に答えられる場合は意外と少ないのかもしれません。

 

なぜなら、なぜその会社を希望したのかと言えば、実際には、家から近いとか、給料が良いとか、勤務時間が合っている、とか、が圧倒的に多いからです。
つまり、あまり、前面に出せる理由ではないからです。

 

しかし、採用担当者もそのあたりの事情は了解しています。
貴社の会社方針に感銘したと言われても「本当??」と思うことも多いはずです。
ですから、自分の経験・強みをしっかり伝えることができれば、一定の面接評価はもらえると思います。

 

医療事務の筆記試験

職場にもよりますが、医療事務の採用試験に筆記試験が課されることもあります。
筆記試験がある場合、事前に出題されることが予想されることが多いと思いますので、その対策も前もって行っておくことが必要になります。

 

また、筆記試験だからと言って、面接よりも配点が低いからどうでも良いということはありません。
これを軽視していると、次のステップに進むことができずに終わってしまうので、万全な対策を行っておくことが必要です。

 

では、医療事務の筆記試験では、どんなジャンルから出題されるのでしょうか。

 

まず、医療事務を遂行する上で必要になる、医療事務の基礎知識です。
このジャンルについては、そこまでレベルが高く設定されていることはないのですが、簡単な問題であれば落とすことはできません。

 

また、場合によっては、医療用語に関する漢字の読み仮名を書くという問題もあります。
これは、実際に現場に配属になった際に、漢字がきちんと読めないばかりに業務に支障を及ぼしてしまうことがないかどうかがチェックされていると考えた方が良いでしょう。

 

もし漢字が読めなければ、カルテを扱う時に先輩に無駄に手間をかけることになるのです。

 

他の出題ジャンルとしては、いわゆる一般常識の範囲から出題されることが考えられます。
一般常識とは、一般的な漢字の読み書きや敬語の使い方、ビジネスマナー、あるいは簡単な計算といったタイプの問題です。

 

いくら医療事務に関する知識があったとしても、一般的な常識がなければ、一人前の医療事務スタッフとしては認められないものなのです。
なお、選考には影響しないが筆記試験を実施する場合があります。

 

これは、筆記試験があっても応募希望するような方は真剣に応募している場合が多いため、そのような応募者だけに応募してほしい場合に、筆記試験を実施する場合があるのです。

 

採用につながる効果的な自己アピール

医療事務の採用試験では、効果的に自己アピールをすることができれば、採用試験に通る確率がアップします。

 

とは言えども、もちろん美辞麗句ばかり並べ立てるのは良くありません。
あくまでも誠実に採用担当者と向き合うことが前提なのですが、この上で効果的な自己アピールをしてみれば、それなりの効果が期待できるのです。

 

では、相手の心に残る自己アピールとは、一体どういうものでしょうか。

 

まず、自分の言葉で語っていることです。
医療事務の採用試験を受験する方の中には、

 

「自分でアピールするための文章を考えるのは面倒だから、マニュアル本に書かれていることをそのまま暗記してしまおう」
と片付けてしまう人も居ます。

 

しかし、こんなことをしたところで、採用担当者の心に響くようなことはありません。

 

採用側としては、これまでに何人もの求職者の面接に携わっているし、求職者が手に取るような本については、当然のように知っていると言っても良いぐらいです。
マニュアルに頼ったところで、全く歯が立たないのです。

 

また、退職理由など、自分には不利になりそうな理由で辞めた場合、本音ではなく嘘で固めようと考える方がいます。

 

しかし、実際には、そういった嘘は何となくバレルものです。
不利に思うことでも誠意をもって答えることで、相手の共感を得ることが可能なのです。

 

次に、結論から言った後に具体例や理由を盛り込んでいるパターンが、採用担当者の印象に残ります。
初めから具体例や結論を述べてしまうと、どこかわかりづらい印象を与えてしまいます。
しかし、最初に結論を述べておけば、聞き手としても理解しやすいのです。

 

結論から話す技術が身についている人はそう多くないため、これができるだけで有利になるのです。
もし話が上手くできない人は、この方法を試してみると良いでしょう。

関連ページ

病院勤務 休日数 日曜出勤はあるか?
医療事務は土曜・日曜・祝日は休み?気になる休日は医療機関によっても異なります
医療事務に将来性はありますか?
人気の医療事務の将来性は?高齢化社会に伴い医療事務が活躍する場も増えています
私はなぜ医療事務をめざしたのか?
医療事務を目指した理由を知る事でもっと医療事務の事がよくわかるようになります!
医療事務員に求められる能力
人と接する機会が多い医療事務。一番に求められるのはコミュニケーション能力です
医療事務の就職は難しいか?
人気の医療事務。資格を取っても本当に就職できるの?その疑問にお答えします
医療事務の仕事は難しいか?
医療事務の仕事は本当に難しいのかどうか実体験でお話しします
医療事務の役割
医療事務職員は病院にとってどんな存在なのか、10年の経験からお伝えします。
医療事務の仕事の魅力
医療事務の魅力を分析!医療事務は女性に優しい仕事です!
医療事務の実務経験は転職に有利か?
医療事務は実務経験があると転職に有利なのか?実際の募集要項にみられる実務年数について