MENU

医療事務員に求められる能力

医師や看護師は試験に合格しないと仕事が出来ないですし、もちろん医療機関で働く事も出来ません。

 

一方、同じ医療機関で働く医療事務はと言うと、資格はあったほうが有利とは言われてますが、必ずないといけないという訳でもなく、医療機関によっては資格はあったらいいなの参考程度にしか考えていないという所も少なくはありません。

 

その変わり医療事務は医師や看護師のように自分の専門分野の仕事をすればいいという訳ではなく、受付・会計・レセプトなどの医療事務本来の仕事の他にも、一般的な接客マナーや電話応対等も必要になってきます。

 

今では病院内の研修で接遇マナー研修を行っている医療機関も多く、患者さんをお客様として考え応対するといった病院もとても多くなってきています。

 

患者さんとの接触はもちろん、医師や看護師・業者など病院内で一番人と接する機会が多く、また一番最初に接するのも医療事務です。
つまり人と関わる能力「コミュニケーション能力」がとても必要になってくる職種といえますね。

 

このコミュニケーション能力にもともと優れている人も中にはいますが、多くは現場でいろいろ経験しながら培っていくものですので、働きながら自分自身の能力も高まっていきますよ。

 

医療事務はパソコンを使う仕事だと思っている人も多いと思います。
今はカルテ作成・計算なども全てレセコン(レセプトコンピュータ)で行います。
パソコンスキルについては病院によって使用しているレセコンも違うので、あまり気にしなくてもいいかもしれません。
ただ基本的なパソコン知識ぐらいはあったほうが楽に覚えられるかもしれませんね。

 

医療事務は資格を取得していなくても医療事務員として働くことができるようになっているので、医療関係機関で働いているすべての事務員が医療事務の資格を取得しているというわけではありません。

 

過去に事務員として働いたことがある場合にパソコンのスキルがかなり高い場合は医療事務の資格を取得していてパソコンができない人に比べると医療機関に重宝される場合があります。

 

医療事務として働きたいと考えている場合は、できるだけパソコンのスキルは身に付けておいた方が良いのですが、医療事務に関連した資格の中には医療事務に必要なパソコンのスキルを習得するための資格も用意されているので、必要に応じて資格取得を目指しましょう。

 

その他はというと、これは医療事務に限らずどの仕事もそうだと思うのですが、仕事に対する責任感がとても重要です。
特に医療事務は患者さんの住所や電話番号・健康保険の詳細など個人情報を扱っています。
病気についてもそうですが、守秘義務がありますので責任感が強くないと行えない仕事だと思います。
人とかかわるのが好き・人の役に立ちたいなど正義感・責任感が強い人が医療事務には向いているといえますね。

 

医療事務は決して難しい仕事ではない

医師や看護師のように国家試験に合格しないと出来ない仕事でもないし、資格を持っていなくても働きながら覚えていけば出来る仕事だと思います。

 

でも医療事務というと仕事柄、様々な人と出会い色々な人と関わりを持たなくてはいけません。
お年寄りの患者さん、同世代、若い方や小さなお子様の患者さんと様々です。

 

また病院で働く医師や看護師、技師の方などのサポートをしていかなくてはいけないので、人と接する事が好きな方は医療事務に適しているかもしれません。
また受付からお会計まで、患者さんは少しでも待ち時間は減らしたいのは当たり前です。
なので、仕事を正確に早くこなす事が出来る能力も必要になります。

 

そして何より、病院という職場は何が起こるか分からないのが現状です。
患者さんが急変したから事務が今出来る事は何か、診察の待ち時間が長いとクレームが入ったらどう患者さんに説明し対応をするか、医師や看護師、技師の方々がどうすればスムーズに仕事を進めることが出来るかなど、
医療事務は今ある現状を理解し臨機応変に仕事をこなしていける柔軟性がとても大切になってくると思います。

 

さらに笑顔を忘れないで仕事が出来ると素晴らしいと思います。

 

電話対応での失敗
受付業務をしていると高校生ぐらいの女の子がお母さんと一緒に診察にみえました。

 

その女の子は、どうやら交通事故で車と接触したという事で受診されました。
受診の結果、大きなケガもなく無事に帰宅されました。

 

そして帰宅後、1時間ぐらいしてからその女の子と同居している祖母から孫が病院に受診したと聞いたが何があったのか?と問い合わせの電話がありました。

 

今は個人情報保護法の為、ご親戚の方などが入院されているかの問い合わせさえお答えする事が出来ない病院が多いですが、お孫さんの事を心配されて電話してきた時はまだ個人情報保護法もなく、私も同居しているのに何でしらないのか、心配されているからと思い、事務なので詳しい病状はお話しすることは出来ないと伝え、交通事故で来院された事だけをお話し電話を切りました。
すると、その女の子の母親から何故祖母に事故で受診したことを伝えたのか、とお怒りの電話が入りました。

 

私は、祖母から電話があった時、同居しているご家族の事だし、お孫さんの事を心配しているからと思い、親切な気持ちで伝えたつもりでした。

 

でも母親からしたら、同居しているご家族でも知られたくない事だってあるのに、どうしてその事に気付かなかったのだろうと後悔しました。

 

病院で働く以上、ご家族でさえ本人の同意がないと個人情報はお伝えしてはいけない。
病気の事だから、なおさらナーバスになっている方もみえるので細心の注意や心配りが必要だと実感しました。

 

医療事務の仕事は、間違いや失敗をしてはいけない場面があります。
でも失敗して改めて知る事や大切な事に気付くこともあります。

 

また人と人が接する場所でもあるので、患者さん第一に考え業務につくことが大切ですね。

 

 

秘書としての役割

 

医療事務という職業の名前を耳にすると、どこか事務的なお仕事をするのかとさえ想像してしまうのも、決して無理はありません。

 

しかし、実際は事務的な業務のみこなせば良いものではないのです。
単に事務処理のみならず、秘書としての業務を遂行していくことも、時としてあるのです。

 

そうなると、秘書としての素養を発揮していくことが必要になる場合もあるのです。

 

 

ここでは、秘書としての業務とは一体どういう業務なのかについてお話します。

 

 

これは、一般企業でいう秘書の業務と言っても良いでしょう。

 

一般企業では、ある部署から他の部署への伝達だったり、あるいは役職者のスケジュール管理だったりと、多岐に渡って業務と向き合っていきますが、まさにそれに近いと言って良いでしょう。

 

病院でも、院内で書類のやりとりだったり、あるいは医師のスケジュールを管理するといった行為も発生します。

 

このような業務を遂行するのも、医療事務の仕事だったりするのです。

 

こういった秘書業務を遂行する際には、仕事を依頼する人がどんなことを求めているのか、何をして欲しいのかを適切に理解することが大前提として求められます。

 

また、単に与えられたことをこなすだけでなく、先を読んで行動することが必要になる場合もあります。

 

 

これだけの高いスキルを身につけるためには、それこそ一朝一夕では行うことはできませんが、このレベルまでに達することができれば、医療事務スタッフとしてのレベルも高いと言って良いでしょう。

関連ページ

病院勤務 休日数 日曜出勤はあるか?
医療事務は土曜・日曜・祝日は休み?気になる休日は医療機関によっても異なります
医療事務に将来性はありますか?
人気の医療事務の将来性は?高齢化社会に伴い医療事務が活躍する場も増えています
私はなぜ医療事務をめざしたのか?
医療事務を目指した理由を知る事でもっと医療事務の事がよくわかるようになります!
医療事務の就職は難しいか?
人気の医療事務。資格を取っても本当に就職できるの?その疑問にお答えします
医療事務の採用試験をどう乗り切るか?
今大人気の医療事務!医療事務って何?資格は?医療事務経験者がわかりやすく説明します
医療事務の仕事は難しいか?
医療事務の仕事は本当に難しいのかどうか実体験でお話しします
医療事務の役割
医療事務職員は病院にとってどんな存在なのか、10年の経験からお伝えします。
医療事務の仕事の魅力
医療事務の魅力を分析!医療事務は女性に優しい仕事です!
医療事務の実務経験は転職に有利か?
医療事務は実務経験があると転職に有利なのか?実際の募集要項にみられる実務年数について