MENU

医療事務の仕事の魅力

女性から大人気の医療事務。その人気を証明するように医療事務の資格取得講座もたくさんあります。

 

なぜ医療事務はここまで人気があるのでしょうか?
医療事務の魅力はいくつかあります。

 

まず女性に優しいという事が言えますね。
男性の場合は独身時代も結婚時代も仕事に関してはあまり影響がありません。
しかし女性はと言うと、独身時代はバリバリ正社員で働けても、結婚をし妊娠・出産となると仕事にも影響が出てきます。

 

結婚をすると主婦としての仕事が加わり、正社員では働けないという人もいると思います。
待望の妊娠をすると、つわりがひどかったり、体調不良など今までになかったよな身体のトラブルも出てきます。

 

出産し育児休暇を取り仕事復帰する人も多いですが、職場によっては育児休暇が取りづらかったり、育児休暇の日数も様々です。

 

医療事務はこういった女性ならではの職の悩みに対応できている所が多く、パートとしての勤務に切り替えたり、忙しいレセプト時期だけの勤務などという場合もあります。

 

育児に専念していったん仕事を辞めてしまっても、医療事務の経験があるというだけで就職先は探しやすくなります。

 

全国どこへ行っても仕事探しができ、一生ものの資格というのも医療事務の魅力の一つですね。
普段ではあまり得る事が出来ない医療の知識が増えると言うのも自分自身にとってはプラスとなります。

 

また病院があれば医療事務は必要です。
そのため求人も安定していて仕事を探すのも他の職種に比べると簡単だと思います。
医療事務は民間資格なので必ずしも資格が必要と言う訳でもなく、学歴・景観を問わず採用になるケースも多くあります。
年齢に関係なく働け、子育てと両立できるというのが最大の魅力だと言えるかもしれませんね。

 

≪科によって違う仕事の流れ≫
実際に産婦人科に勤めている私の一日の仕事の流れとは

 

産婦人科の受付事務という仕事に就いて早2年。
受付とは漠然としたネーミングで仕事をこなしてきましたが、やっていることはかなり多岐にわたりました。
受付も然りですが、まずは病院の窓口として患者さんを迎えます。

 

産婦人科は産科、婦人科、と2種類の科が入っています。
産科はその名の通り、妊娠出産で受診するところです。

 

婦人科はもう少しくくりが大きいですが、どちらかというと女性特有の病気で来られる患者さんが多く来院します。

 

一日に来られる患者さんは産科と婦人科で7対3ぐらいの割合です。
婦人科が専門の病院もありますので、産科がメインだとそのぐらいの割合です。

 

出産までできる入院施設のある病院ですので、1年近く通われる患者さんがたくさんいらっしゃいます。
出産後も赤ちゃんの顔を見せにいらしたり、ご自分の体調が悪いと婦人科にいらしたりと長いお付き合いになることも多く、ちょっとした常連さんも少なくありません。

 

受付をしていると、朝からいろんなタイプの患者さんを目にします。
おなかの大きい方、つわりで気分の悪い方、元気いっぱいの方…
当たり前ですが女性の方ばかりなので、私としては気持ちがよくわかります。

 

妊娠出産を経験し、流産も経験があるので、そうなってしまった方の悲しみはいかばかりかと心が痛むのです。

 

かといって、感情移入ばかりしているわけにはいきません。
そういう方が少しでも落ち着いてお話ができたり(カウンセラーがいる病院でした)徐々に明るくなっていかれるところであるように、事務とはいえお声掛けをしたりしています。

 

出産は人生の一大事なので、少しでもストレスや肉体的な苦痛から解放してあげられるよう、穏やかな対応、素早い請求業務
(これが大事)、そんなところにも気配りを怠らず、看護師や医師にスムーズにつながるよう努力しています。

 

毎日患者さんが笑顔で帰宅できるように、サポートするのが私たちの役目ですので、これからも身を引き締めて業務をこなしたいと思います。

≪院内処方病院の医療事務員の仕事≫
私の職場の産婦人科は院内処方です。

 

院外処方、いわゆる調剤薬局に処方箋を出す病院が多くなっている今日では、少し珍しいようですが、
診療科によっては院内のほうが喜ばれるところもあります。

 

産婦人科も然り。
産婦人科の半数以上は産科、要するに妊婦さんが占めているのですが、処方箋を出すと二度手間になるので、院内処方は嬉しいとよく言われます。

 

薬の種類もそう多くない科は院内が多いようです。
同じ薬をリピートする患者さんが大半の、外科、整形外科も喜ばれるようです。

 

外用薬が多く、湿布や痛み止め内服などが主流で、リピートが大半という外科では、患者さんの年齢もかかわってくるようです。

 

高齢者が多いと、その場で薬が欲しいと思う患者さんがたくさんいるようなのです。
処方箋と院外処方というスタイルに慣れていなかった世代ともいうべきでしょう。

 

そのような院内処方の医院で、医療事務の役割は何かというと、調剤事務の役割とリンクするのですが、薬袋を出したり、薬剤情報を印刷したりします。
薬を出したり調合することはできませんが、看護師(薬剤師がいるところもあります)のサポート役として、重要な仕事をしています。

 

産婦人科においては、保険の利かない自費の薬が結構あります。
ピルという生理周期を矯正する薬や、生理を意図的に遅らせる薬などです。この処方は病気ではない状態で処方するので保険がきかないのです。

 

要するに10割負担になってしまい、高額なのです。
そういった薬は院内のほうが適しています。

 

自費にもかかわらず、多くの若い女の子が貰うために診察を受けていたのが印象的でした。
いいのか悪いのか、気軽に受診できるという感じです。

 

外科などで、包帯や三角巾やガーゼといったものも自費扱いです。
そういうものは、診察や処置中に使用されるものがほとんどで、院内処方だとほかの薬と一緒に請求ができるので、二度手間にならず好評です。
そういった院内の処方において、医療事務も大いにサポートしているのです。

関連ページ

病院勤務 休日数 日曜出勤はあるか?
医療事務は土曜・日曜・祝日は休み?気になる休日は医療機関によっても異なります
医療事務に将来性はありますか?
人気の医療事務の将来性は?高齢化社会に伴い医療事務が活躍する場も増えています
私はなぜ医療事務をめざしたのか?
医療事務を目指した理由を知る事でもっと医療事務の事がよくわかるようになります!
医療事務員に求められる能力
人と接する機会が多い医療事務。一番に求められるのはコミュニケーション能力です
医療事務の就職は難しいか?
人気の医療事務。資格を取っても本当に就職できるの?その疑問にお答えします
医療事務の採用試験をどう乗り切るか?
今大人気の医療事務!医療事務って何?資格は?医療事務経験者がわかりやすく説明します
医療事務の仕事は難しいか?
医療事務の仕事は本当に難しいのかどうか実体験でお話しします
医療事務の役割
医療事務職員は病院にとってどんな存在なのか、10年の経験からお伝えします。
医療事務の実務経験は転職に有利か?
医療事務は実務経験があると転職に有利なのか?実際の募集要項にみられる実務年数について