MENU

医療事務の実務経験は転職に有利か?

医療事務員としてのキャリアをよく訊かれます。
どのくらい働いた経験があるのですか?どんなことをしていましたか?…などなど。

 

医療事務といっても一言で語れるものではないので、面接で躊躇してしまいがちですが、自分の経験を自信を持って話しましょう。
キャリアといっても、医療事務の仕事は病院によって本当に細かく違います。
ルールが厳しいところ、大雑把な決まりのところ、医師の性格によってもいろいろです。

 

自分に合っている仕事なのか考えてしまう方も多いようですが、

 

協調できる人がやはり向いているのではないか
と思います。
あくまで医師の仕事がしやすい環境にするのが医療事務の仕事だと思うのです。

 

そして医療事務をしていれば、個人病院なら必ず受付の仕事があります。
医院の顔ともいうべき場所です。
そこで患者さんとのコミュニケーションが円滑にできることが医療事務員の条件でもあります。
受付の態度が悪い、と医院の評判が悪くなっていった例を知っていますが、医師の良し悪しを見る以前での評価があるということを忘れてはいけません。

 

また経験ですが、3年以上働いているとかなり認められる確率が上がります

 

医療事務の求人状況は地域によって異なってくると思いますが、条件等を選ばなければ求人は必ずあります。
でも、お給料の希望や休みなど自分の希望に合った求人を探そうとすると数は多くありません。
実際、医療事務の資格は取ったけど医療事務以外の仕事をしている人達もいます。

 

今、医療事務は人気が高いので求人募集1名の枠に何十人と応募者があるのは珍しくありません。
では、その1名はどのように選ぶかですが中途採用の場合、引き継ぎ期間があまり取れない事が多いので経験者を望む病院が多いです。
また結婚をされていて、特に小学生以下のお子さんがみえる方は、お子さんが病気等で急に仕事を休まれたら困るという理由であまり採用されない現実もあります。

 

そして、医療事務は月末から月初めにかけてレセプト業務で残業が多くなります。
その間、お子さんをご主人やご家族等で誰かみてくれる方がいて残業が可能かどうかでも採用が変わってきます。

 

さらに経費削減の1つで、正社員の採用を控え派遣やパートに切り替える病院もあるそうです。
特に総合病院などの大きな規模の病院は派遣で事務を採用している病院が多いので、総合病院等で働きたいという方は、医療事務の派遣会社に登録するのも就職する1つの案です。

 

医療事務の就職は、決して簡単ではないのが現状です。
でも正社員で採用される可能性もありますし、まずはパートや派遣で実務経験を積んで正社員を目指す選択もあります。
何より未経験者でも、資格が有ると無いとでは採用側に与える印象は違うので資格取得を目指してみるのもいいと思います。

 

民間資格しかないのでなかなか信用度が低いのでは、と思っていたのですが、この資格に関しては就職活動にプラスに働いていたと感じています。

 

医事コンピュータを扱えるのも条件必須になっていますので、資格を取る際はこちらの実務実習がある講座を受けておいたほうがさらに就職に有利に働くと思われます。

 

医事コンピュータは実習がある(スクーリング制)ところではないと、実際に扱った授業が受けられないのですが、毎日の仕事に絶対的に使われる作業になりますので、受講しておいて損はないと思います。

 

資格取得後でもオプションで開講している講座もあるのでチェックしてみるとよいと思います。

 

 

≪医療事務の仕事が決まるまで≫
医療事務の仕事をしたいと思ってから、仕事が決まるまでの3か月。シングルマザーが就活をした体験談。

 

私が医療事務の仕事に就くまでには、いろいろと学ぶことがありました。
面接に至るまでの時間は長いほうではないかと思います。
医療事務経験というものは、資格を取る以上に必要だと思い知らされた気がします。

 

何回か病院に応募していて、やっと面接までこぎつけた際にも、
「経験は3年ほど欲しい」
と言われて撃沈…ということもありました。

 

資格といえども国家資格ではないため、医療機関によっては重視してくれないところもあります。

 

近年は、そんなこともなくなりましたが、病院正職員になりたいと思ったら、
パートやアルバイトで経験を積んでからのほうが、断然採用率が高くなります。
パートでいろんな科を経験するのもその後正職員採用に影響があるようです。
それを見越してか知らずですが、病院の医療事務職の募集記事を見ると正職員の募集はあまり見かけません。

 

どうしても病院の一日の流れ上致し方のない問題だとは思うのですが、午前と午後の診察の間が多めにあいているので、その間は職員がお休みになります。
その後7時8時まで午後の診察があるため、午後の帰宅は遅くなってしまいます。
そういった働き方だと正職員はどうしても嫌われ、午前診の働き手ばかり応募が来る…といった状態になるようです。

 

私は正職員が希望でしたので、この勤務形態でも構わないと思って応募し続けました。
しかし、
子供が小さいのに大丈夫か…など痛いところを突かれたりして、シングルマザーだとわかると即刻不採用になったりしました。

 

まだまだ女性が一人で子供を育てるのは大変な世の中なのです。
私は親にも頼れませんでしたので、かなり必死に毎日毎日応募し続けました。

 

捨てる神あれば拾う神はあるもので、
こういう人を探していました!
という病院もありまして、就活から3か月、無事仕事が決まりました。
採用の決め手は、シングルマザーなので、日々の生活のためにがんばってくれるのではないか…ということでした。

 

面接のときの必死さが伝わった…と言われました。結果オーライですよね!
私の就職活動の時は、実務経験と医療事務資格という組み合わせで有利になると感じました。

 

 

無駄にならないキャリアアップ

せっかく自分の大切な時間をお仕事に費やしていくのですから、その時間を無駄にするようなことだけは、誰だってしたくはありません。
そんなことをしたところで、人生の無駄遣いにもなりかねないからです。

 

このことを考えると、自分が従事するお仕事において、どれだけ自己成長ができるかも、非常に大切なポイントになると言えます。

 

また、医療事務の場合は、キャリアアップに関して人気の理由につながる要素があります。

 

その要素とは、一体いかなるものでしょうか。

 

それは、医療事務においては、スキルアップもキャリアアップも、1つとして無駄にならないことです。
医療事務では、多岐に渡って業務を遂行していくことになりますが、それぞれの業務では多岐に渡る適性やスキルが求められます。
そして、それぞれの業務をこなしていくことができるよう、スタッフ達はスキルアップに努めていきます。

 

求められているスキルを獲得することができれば、業務をよりスムーズにこなしていくことができるようになるし、周りのスタッフからも信頼されます。

 

信頼に値するようになれば、より上の役職だったり、あるいは待遇がより良いポジションに就くことができます。
そうなると、こなせる業務の範囲が広がる分、得られる収入も大きくなります。

 

また、将来、他の仕事、例えば事務職への転身なども可能になるでしょう。
事務職から医療事務はハードルが高くても、医療事務から事務職は、経験を生かせる転職と言えるでしょう。

 

このように考えてみると、キャリアアップにしてもスキルアップにしても、1つも無駄になっていないと言えるのです。

関連ページ

病院勤務 休日数 日曜出勤はあるか?
医療事務は土曜・日曜・祝日は休み?気になる休日は医療機関によっても異なります
医療事務に将来性はありますか?
人気の医療事務の将来性は?高齢化社会に伴い医療事務が活躍する場も増えています
私はなぜ医療事務をめざしたのか?
医療事務を目指した理由を知る事でもっと医療事務の事がよくわかるようになります!
医療事務員に求められる能力
人と接する機会が多い医療事務。一番に求められるのはコミュニケーション能力です
医療事務の就職は難しいか?
人気の医療事務。資格を取っても本当に就職できるの?その疑問にお答えします
医療事務の採用試験をどう乗り切るか?
今大人気の医療事務!医療事務って何?資格は?医療事務経験者がわかりやすく説明します
医療事務の仕事は難しいか?
医療事務の仕事は本当に難しいのかどうか実体験でお話しします
医療事務の役割
医療事務職員は病院にとってどんな存在なのか、10年の経験からお伝えします。
医療事務の仕事の魅力
医療事務の魅力を分析!医療事務は女性に優しい仕事です!