MENU

医療事務に合格する勉強法・試験内容

医療事務の資格取得する為に、通学にしようか通信にしようか悩むところです。
それに最近は、数多くのスクールがいっぱいあるのでどのように選べばいいか分からないと思います。

 

事務の資格も何種類かあります。またスクールによって取得できる資格が決まっていたり、この資格取得のために学習内容を考えてテキストなどを作ってくれるスクールもあります。
特にそのようなスクールは過去の試験問題を分析して出題傾向を研究したり、試験問題が解けるようにピンポイントでアドバイスやコツを教えてくれます。

 

なので、まず自分がどの医療事務の資格取得を目指したいかを決めてスクールを選ぶと合格の近道になるかもしれません。
一般事務と比べてレセプトの事務処理とか、医療の専門用語などの勉強修得が必要とされているわけですから、専門職の勉強をするという気概で取り組んだ方がいいと思います。

 

また学習期間に注目して検討するのもいいと思います。
スクールの中には1ヶ月で試験に十分な知識を身に付けられる所もあります。

 

長い所ですと半年近くかかるスクールもあるので、自分が早く資格を取得し医療事務として働きたいという目標があれば、その期間内で終了するスクールを選ぶといいでしょう。
また、医療事務と比べて調剤薬局事務の資格ならさらに短期間で取得することも可能ですから、自分の置かれた環境なども考えてどの資格を取得するのが自分に最適なのか考えてみてもよいでしょう。

 

しかし資格を取得したが、いざ医療事務の求人はどうしたらいいか分からない場合が多いと思うので、講座修了生に対して就職活動をサポートしてくれるかどうか比較するのもいいと思います。
そのサポート内容もスクールによって様々なので内容の検討も必要になってきます。
ニチイ学館などは実際に医療機関での就職口をあっせんしてくれますから資格取得〜就職までスムーズに進んでいくことも可能ですね。

 

また長年医療事務の講座を開いている所は、それだけ過去の試験問題の分析や合格者数などの実績もあるのでデータとして注目する選び方もあります。

 

いくつか似たような学習内容でサポート内容も同じような場合は、受講費が安いスクールを選んだ方がいいですよね。

 

ただ気を付けたいのがサポートの中には有料の物がある場合もあります。
なので、その辺りも気を付けて検討してもらいたいです。
まずは自分が気になるスクールの資料を請求し、しっかりと比較・検討して選んで欲しいです。

医療事務に合格する勉強法・試験内容記事一覧

病院の顔と言える医療事務は女性が活躍できる職種として今大変注目されています。医療事務に関する資格も数多くあり、資格を取り就職するというのが一般的な流れとなっていますね。そこで気になるのが医療事務試験の難易度と合格率ではないでしょうか。医療事務の資格は、医師や看護師のように国家試験ではなく民間試験になります。民間試験なので試験を主宰する団体はいくつかある為、資格試験も10種類近くあります。しかし財団...

医療事務は日曜・祝日は休み、時には病院の休診日に合わせて平日半日休みの日があるなど子育て中の主婦層からも大変人気の資格です。新規採用される人は、医療系コースのある短大や専門学校を卒業して医療事務として初めて就職する人が多いのですが、中には転職組も多く、一般事務からの転職はもちろん、私が経験した中では保育士から医療事務へ転職してくる人なども多かったです。そこで気になるのがその転職組はどのようにして医...

医療事務に関する資格を取るためにはもちろん資格取得試験に向けての勉強をしなければなりません。学習方法としては、通学制・通信制・独学とおおまかに分けると3つの方法に分けられます。通学制には、通学制講座と短大や専門学校などの学校の2つに分けられます。通学制のメリットは集中的に学習でき、わからない事などがあればその場ですぐに講師に確認する事が出来ると言う所です。その場ですぐ解決できるのでしっかりと理解し...