MENU

医療事務経験者が語る ”資格取得から仕事まで”

資格ブームが続いていますが、その中でも不動の人気を誇っているのが「医療事務の資格」です。
通信教育講座でテレビなどでも有名なユーキャンでも、人気NO.1はダントツで医療事務の通信講座だそうです。

 

そんな注目度抜群の医療事務の資格ですが、実際には、

  • 医療事務って、実際にどんな仕事をするのか?
  • 就職はしやすいのか、給料はどれだけもらえるのか、長く働けるのか?
  • 医療事務資格を取るのは難しい?勉強期間はどれくらい?
  • 医療事務の資格は種類がいっぱいあると聞いたけど、どの資格がオススメか?

そんな疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?
女性

 

 

私は医療事務の現場で10年ほど経験を積んできました。
その経験から、実際に印象に残った仕事の体験談、勤務時間や残業・休日出勤のこと、求められる適性、医療事務資格の種類や勉強方法など、特に医療現場の未経験者が疑問を持ちやすいテーマを取り上げてこのサイトでご紹介できればと思っています。

 

そして少しでも、「医療事務という仕事や資格」のイメージをつかんでいただければと思います。

「医療事務」って実際のところどうなの?

私自身、医療事務ってやりがいのある仕事だと実感しています。

 

病院やクリニックで受付・会計等の事務的な仕事を任されているのが医療事務の仕事。
多くの人って、初めて行く病院ってドキドキするんじゃないでしょうか?

 

何事も第一印象が大事だと言いますが、病院に入った時に最初に接するのが受付・そして最後に接するのは会計、つまり医療事務です。
医療事務はいわば病院の顔とも言えますから、来ていただいた方が安心していただけるようにいつも心がけています。

 

病院での医師の役割は診察をし的確な診断・治療・投薬を行う事ですね。

 

では医療事務の役割は何なんでしょうか?

 

医療事務の役割は、その名の通りまず病院内での事務全般が挙げられます。
毎日の受付業務・清算業務・会計業務の他にも書類手続きや電話応対・入院設備がある病院では入退院手続きなど様々な事務業務があります。
総合病院などの大規模医療機関の場合はそれぞれ業務が分散化されているところが多いので担当によって仕事内容も変わってきますが、個人病院の場合は医療事務がこれら全てを担当している所も多くあります。

 

また人と接する機会が多いのでコミュニケーションをたくさん取り、人と人との懸け橋となるのも役割と言えますね。

 

その他の役割としては医療事務の一番の役割と言えるのがレセプト業務でしょう。
このレセプト業務こそ一般企業の事務と明らかに独自の業務と言えます。

 

毎月レセプトと言われる診療報酬明細書を作成します。
レセプトは保険診療を行った場合は必ず必要ですので、病院だけではなく、歯科医院や調剤薬局でも医療事務は必要です。

 

例えば3割負担の患者さんが診療を受けたとすると、この診療にかかった費用の3割分は患者負担となります。
残りの7割はと言うと、レセプトを作成し提出する事で国や健康保険組合などの保険者からもらう形になります。

 

この請求をするのがレセプトと言う事です。
つまりレセプトを提出しない限り、病院側は保険者からお金をもらえないという訳です。

 

レセプトは毎月作成し、提出締め切り日も決まっているので医療事務のスピードと腕が試されると言う事ですね。

 

医療事務は病院の中でも事務職なので存在は薄いかもしれませんが、実は病院の経営に関わる大事な部分を医療事務がになっているという訳です。医療事務の女性
このレセプト業務をこなすために医療事務は必ず必要とされます。病院の顔であり、病院の縁の下の力持ちと言えるかもしれませんね。

医療事務の資格があれば採用に有利なの?

勉強を始めて各団体の資格試験に合格すれば医療事務の資格取得者となります。
「医療事務」と言っても医療現場の事務に関する資格ということで、国家資格ではなく民間資格となります。

 

そのため、医療事務関連の求人に応募する際に資格は必須ではありませんが、ハローワークの求人で医療事務を調べてみると結構資格取得者を求めている場合は多いですね。
資格の種類が多い医療事務ですが、どの資格を取得していても仕事内容は基本的に同じで、主に病院の受付や会計、レセプト(診療報酬明細書)作成業務を担当します。
このレセプトの業務が医療事務特有の業務であり、一般事務経験がいくら長くても未知の領域の仕事になります。

 

実際には、医療事務の資格をもっているから必ず即戦力とは言い切れません。
病院側は即戦力を求めていますので、いくら資格をもっていたとしても医療事務経験者のほうが優先される事も多いです。

 

でも、医療事務の資格があるのとないのとではやはり相手に与える印象も大違い!
実際に医療事務として働いていると、資格をもっている人もいない人も医療事務として採用されてくる事がよくあります。

 

これは私の勝手な印象ですけど、
資格を持っている人はある程度の知識があるのですんなりと仕事に慣れていきます

 

一方、資格の持っていない人は、ゼロからのスタートとなるので慣れるまではかなり大変そう・・。
というのが現場で働いている者の見方ですね。

どんな資格スクールがおススメなのか?

では医療事務にはどうすればなれるのでしょうか?

 

一口に医療事務と言っても、実は

「医療事務検定試験」
「医療事務管理士」
「医療秘書技能検定試験」
「診療報酬請求事務能力認定試験」

など医療事務に関する資格は沢山あるんですよ。

 

それぞれ協会や団体が違うので、どの資格に挑戦するかはご自身で資料請求をしたり情報を集めて、通学にするのか・通信にするのかといったことも調べて、自分にあった通信講座や通学講座を見つけ受講することをおすすめします。

 

私は、実際に医療事務の資格スクールに資料請求して、
医療事務経験者の私から見て、どの資格スクール講座のどんな点がオススメなのか、お得な情報をゲットできるのはどこのスクールかなどもご紹介していますよ。お楽しみに。

 

また、

  • 同じ医療事務で働く仲間から聞いたほかの病院の現状
  • 病院を利用する方々から聞いた病院での出来事

こんなことなんかも伝えていければいいなと思っています。あなたの進路選択の一助になれば幸いです。

医療事務通信講座の一括資料請求が大変便利です

資格スクールによって受講費用は様々ですね。
通信の主な講座では相場は30,000円台〜90,000円程度、通学の場合だと100,000円160,000円程度になります。
1年〜2年の長期コースなら当然もっとかかります。

 

医療事務の資格取得にかかる期間は様々です。
短期集中の講座では1ヵ月で取得可能なものもありますし、専門学校などで2年かかるものもあります。
一般的には、通信講座の場合、3ヵ月〜半年を目途にていただければと思います。
でも、なかには最短1ヵ月で取得可能な講座もあります。

 

注意したいのは通信講座の場合、
講座に有効期間あるいは延長期間というものを定めている場合があることです。
学習を中断してしまうと講座自体が修了・受講できなくなる場合がありますので注意しましょう。

 

一方、通学講座の一般的な終了目安は1ヵ月〜半年ほどです。
講座の形態によって若干期間は異なっており、全日制では最短8日〜、夜間講座または週に1回〜2回の講座(土日のみ等)で3ヶ月半〜半年くらいになります。

 

大手のニチイ学館を例にとりますと、半年コースで3つの医療事務資格や調剤薬局事務の資格を取得することが可能です。
ハローワークの職業訓練の場合は、3カ月で3つの資格取得を目指します。週5日(土日祝休みです)の1日7時間の集中授業で、とてもハードなスケジュールになります。
でも、授業料は無料です。一般的に16万円ほどかかる費用が一切無料で受講できるので条件に合う場合は検討されてもよいでしょう。各県の労働局のホームページで情報は確認できます。

 

 

通信講座を検討中の方ならこちらがおススメです。
医療・介護・癒しに関する資格講座情報・資料請求サイト「シカトル」

 

通学をお考えの方はこちらがおススメです。
アビバの医療事務講座
資格のアビバ【資格対策講座】

私の医療事務資格 取得体験談

手軽に勉強できる通信講座、短期間で取れる通学講座、じっくりと学び自分のものにする2年コースなどの各種学校など医療事務資格の取り方にはいろいろな方法がありますね。

 

ちなみに医療事務として長年勤務している私の場合は専門学校の医療秘書科で2年間学びました。

 

2年コースだったので、コンピューターや医療秘書・薬剤学・臨床検査学など医療事務以外の事もたくさん学びましたね。

 

その頃は今みたいに試験もたくさんあるわけではなかったのですが、医療秘書技能検定2級を取得し、就職時には医療事務の資格を持っていると言う事で採用されました。

 

同時期に採用されて就職したメンバーが他に3人いたのですが、同じように専門学校で医療事務資格をとった人・病院勤務していたが資格をもっておらず介護助手をしていた人・ニチイの通学講座で資格をとった人の3人でした。

 

いざ働いてみると、現場でしかわからない事もたくさんでてきます。
コンピューターも学びましたが、病院によって使っているパソコンは異なってくるので習った時のようにはうまくいきません。
また診療科によっては行う検査も違えば処置も手術も違います。

 

私の場合は眼科だったので、聞いた事がないような手術名や検査名に最初は苦労しました。
正直言って、医療事務の資格をもっていてもいなくてもあまり変わらないのでは・・・
と思った時もありました。

 

でもやはり資格の差はありました!

 

受付・会計をしている分には差はないのですが、レセプトになると資格のない方はかなりつまづいていましたね。
レセプトの並べ方・チェック・労災の扱いなど学んでいる人と学んでいない人の差はやはり大きかったです。

 

実際に学校では学んでいない事なども医療事務の現場ではたくさん出てきます。

こればかりは経験を重ねていくしか身につける方法はありません。

 

ただやはり基本的な事がわかっているのといないのとでは大違いです。
今振り返って考えてみても、この医療事務の資格というのは、絶対的ではないけれど医療事務として病院で働きたいのなら是非取っておくべき資格だといえますね。

 

私が医療事務を長年続けてきたわけとは

医療事務の仕事についてから、トータルでもう10年が経とうとしています。
同じ職場に10年いたわけではありません。
というのは、それまでに転居があり事実上通えなくなったからです。

 

それがなければずっと同じ職場にいたと思います。
なぜなら、医療事務の仕事って働きやすさでは一番の仕事だと感じていたからです。

 

人間関係などはどんな職場でも問題があるところにはあると思うので、その点は恵まれていたというしかありませんが、仕事内容だけに絞って考えても、とても働きやすいのだと思うのです。

 

まず勤務時間ですが、中抜けという昼休みが少し長くなったようなお休みの体系のところがよいのです。

 

個人医院はほとんどがそのような勤務体系なのですが、私の職場は12時に午前の診察が終わり、午後の診察は16時からなので、その間はお休みでいったん家に帰ります。

 

仕事を決める時はそこを考えて、あまり自宅から遠い職場は選ばないほうがよいです。

 

その中抜けをうまく使えるのが働きやすさのひとつなのです。

 

中抜けの間の時間は、買い物をしたり、夕食の支度をしたり、家事に充てられることが多いのですが、
決められた時間…というのがミソです。

 

いくらでも時間があると、あとでいいや…という気持ちになりなかなか働かないのですが、3時間で家事を行う!と決めるとものすごい集中力でできるようになるのです。

 

というわけで、私の中抜け時間は休む時間も含めて充実していると言えます。

 

そのあとの午後の診察は20時までなのですが、帰ってすぐ夕飯を食べることができ、そのあとゆっくりテレビを見てから就寝というそんなにきつくない毎日になっています。
夫や子供に迷惑をかけることもほとんどなく、ほぼ専業主婦と同じ生活スタイルを保ちながら、フルタイムで仕事をしているのです。

 

それで十分に家計の足しになるようなお給料がもらえているのですから、夫にも褒められています。
この安定感は医療機関で働くということだからこそなんだと思います。

これまでの医療事務での実体験談を語ります!

初めての患者さんの死

私が初めて働いた病院は、個人病院だけど100床ぐらい入院ベッド数がある病院に勤務しました。
なので今まで外来に通院されてた患者さんが、容態が悪くなって入院される患者さんもみえます。

 

ある患者さんも外来通院から入院されました。その患者さんは80歳近い男性の患者さん
受付に診察券を出す時も笑顔で出され、診察が終わって会計する時も笑顔。
そして会計が終わると公衆電話で迎えに来てもらうようお願いし、お迎えが来ると笑顔で頭を下げて帰って行かれる患者さん。

 

本当に毎回、毎回可愛らしい笑顔を見せてくれる“おじいちゃん”という言葉が似合う患者さんでした。

 

でも、ある時を境に受付の私から見ても分かるほど、元気がなくなってきている感じがしました。
それでも毎回、毎回笑顔だけは忘れない患者さんでした。けど案の定、入院になりました。

 

入院中も体を動かしたいのか、院内を歩いていました。その時に出会うと、あのいつもの笑顔を見せてくれます。

 

でも容態が急変して、その患者さんは亡くなってしまいました。
病棟の看護師さんも、入院カルテを受付に持ってきた際に、
あの笑顔が見れなくなるのは淋しいね」と口にしていました。
私もその1人です。

 

そして病院に勤めて、その患者さんが初めての死でした。

 

私とまったく血の繋がりのない患者さんですが、元気に外来通院していた姿を知っているだけに、とても悲しかったのを覚えています。
これから病院に勤める以上、元気な姿を知っている患者さんの死に直面するんだなっと改めて思い知る事が出来ました。

気に入られちゃった

私はこれまで何人かの患者さんに気に入られた経験があります。

 

1人は電話でお薬を頼まれた際、どのお薬が欲しいかなどを聞いて最後に次回は診察して下さいね、とお願いをしました。

 

私からすると、どの患者さんと変わらず同じ対応をしたつもりでした。
でも、その対応の何かが良かったみたいで電話をきっかけに、外来でみえると毎回私を呼んで挨拶をしたり、カルテを主治医の先生に回したりしていました。
電話がかかってきたら、ご指名を受けて対応もしていました。

 

また別の患者さんは、私が休日当番の出勤をしていた際、急患でみえた患者さんです。

 

急患で先生に診察してもらったのが申し訳なかったみたいで、私に何度も謝ってくれるので「そんな事ないですよ」とお話しし「体調が心配な時はいつでも来てくださいね」と伝え帰って行かれました。

 

すると、その対応が嬉しかったみたいで、その患者さんも来院ごとに私を呼んで挨拶などのお話を毎回しました。
さらに年賀状まで頂き、正直こんな事は初めてだったので驚きました。

 

2人とも共通して言えるのは、
少しだけの挨拶でも毎回嬉しそうに笑顔でお話しされるので、話しかけられた私も嬉しくなりました。
また私の医療事務としての対応を気に入って頂けたことが今後の自信にもつながりました。

 

病院にみえる患者さんは、色々な方がみえます。
でも笑顔を忘れずに丁寧に対応をしていけば、きっと嫌な思いをされる患者さんはいないと思います。

病院は癒しの場

病院というものは病気をもってみえる方や体調が優れない方がみえる場所です。
そして、どうしても高齢者の割合が多い場所です。

 

患者さん同士も知らず知らずのうちに顔見知りになって、気が付けば診察が終わり会計も済んだのに待ち合いで楽しそうにおしゃべりに夢中になっている光景をよく目にします。

 


診察してもらっている先生が同じ患者さん同士なら、先生のいいところをお互いにお話しされている患者さんもいます。

 

今の時代、独居老人が多いと言われているので病院で患者同士お互いの話をしたり、聞いたりするのは良い気分転換にもなり、良い刺激にもなるんだろうなと思いながら私は自分の業務をしていました。

 

そして患者さんの中には慢性的な病気で2,3時間かけて点滴をしなくてはいけない患者さんもみえます。
そんな患者さんは1人でベッドの上で点滴が終わるのを待たなくてはいけないので、なかなか他の患者さんとお話し出来る機会もありません。

 

ある患者さんも淋しかったのか、私が点滴室の前を通ると「事務さん、事務さん」と呼ぶ声がするので呼ばれた患者さんの元へ行きました。

 

すると「ちょっと手を握らしてくれんか」とお願いをされました。
もしお願いされた患者さんが、30代40代頃ならお断りをしていたかもしれませんが、その患者さんは80歳近いおじいちゃんだったので手を握らしてあげました。

 

すると嬉しそうに「元気が出てきたよ、ありがとう」と言って手を放していきました。

 

病気を治すのも大切だけど、心を癒してあげることも大切なんだと思い、それが医療事務の私でも少し出来たことが嬉しかったです。

窓口の様子はよく見えています

窓口は、待っている患者さんにとって、その場所がよく見えているものです。
待っている時というのは、どうしたらいいのかわからず、時間を持て余しているので、自然と窓口の方を見ることが多くなります。

 

そしてそんな時、職員同士ではなしをしていたり、談笑をしている様子も見ることがあります。
そしてその様子は、患者さんやその家族にとっては、あまりよくないと思う時もあるのです。

 

そのよくないと思う時は、やっぱり忙しいと思う時や、窓口が込んでいる時などに、少しでも早くしてほしいと思っているのに、のんびりとしている様子を見た時です。

 

その時は、もっとはやく対処してほしいと思ってしまいます。
そして職員が総出で、その事態について対処してほしいと願うのです。

 

事務の人にとっては、それぞれに役割があると思うので、その役割をしている時に、忙しい人や、それほど忙しくないという人もいると思うのですが、患者さんの目線となると、どの人も同じ職員にしか見えません。

 

そのため、やっぱり込んでいるときなどは、必死で対処して欲しいという気持を持っています。
また、そんなときに直ぐに事務員同士で助けている人などを見ると、本当に待っている方に取っても嬉しいと感じることができます。

電話対応での失敗

受付業務をしていると高校生ぐらいの女の子がお母さんと一緒に診察にみえました。

 

その女の子は、どうやら交通事故で車と接触したという事で受診されました。
受診の結果、大きなケガもなく無事に帰宅されました。

 

そして帰宅後、1時間ぐらいしてからその女の子と同居している祖母から、「孫が病院に受診したと聞いたが何があったのか?」と問い合わせの電話がありました。

 

今は個人情報保護法の為、ご親戚の方などが入院されているかの問い合わせさえお答えする事が出来ない病院が多いですが、お孫さんの事を心配されて電話してきた時はまだ個人情報保護法もなく、私も同居しているのに何でしらないのか、心配されているからと思い、事務なので詳しい病状はお話しすることは出来ないと伝え、交通事故で来院された事だけをお話し電話を切りました。

 

すると、その女の子の母親から何故祖母に事故で受診したことを伝えたのか、とお怒りの電話が入りました。

 

私は、祖母から電話があった時、同居しているご家族の事だし、お孫さんの事を心配しているからと思い、親切な気持ちで伝えたつもりでした。

 

でも母親からしたら、同居しているご家族でも知られたくない事だってあるのに、どうしてその事に気付かなかったのだろうと後悔しました。

 

病院で働く以上、ご家族でさえ本人の同意がないと個人情報はお伝えしてはいけない。
病気の事だから、なおさらナーバスになっている方もみえるので細心の注意や心配りが必要だと実感しました。

 

医療事務の仕事は、間違いや失敗をしてはいけない場面があります。
でも失敗して改めて知る事や大切な事に気付くこともあります。

 

また人と人が接する場所でもあるので、患者さん第一に考え業務につくことが大切ですね。

どれだけ笑顔で対応できるか

他の病院を受診した時に思うのは、あまり笑顔がないこと
特にベテランになればなるほど、笑顔がなくなる気がします。

 

ここ最近で患者さんに言われるクレーム量はかなり増えました。
事務対応の不手際や、医師・看護師に対するクレーム、待ち時間が長すぎる等々。

 

不手際に関しては、100%こちらが悪いので誠心誠意謝ります。
ですが医師・看護師に関することを事務に言われてもどうしようもないことがほとんどです。

 

待ち時間に関しても同じで、予約の患者さん優先で予約外の患者さんが後回しにされがちなのは仕方ないんです。
具合が悪くて座っていられないなどあれば、言っていただければベッドに案内することも出来ます。

 

少し愚痴っぽくなってしまいましたが、本当に色々言われることが多くなったので一々笑顔で対応出来なくなるのはある程度仕方ないと思うんです。
それでもなるべく笑顔で対応しようという気持ちが見えないのは少し悲しいです。

 

こんな事を書いている私ですが、心がけてはいても笑顔で対応できなかった患者さんはたくさんいました。
医療事務を目指してる方がいらっしゃるなら、資格取得も重要なことですが笑顔の練習やクレーム対応の仕方も勉強しておくといいかもしれません。

 

笑顔ひとつで病院自体の印象も変わりますし、「ありがとう」と言ってもらえる回数が全く違います。
女性が多い職場で面倒なことも色々ありましたが、患者さんから言われる「ありがとう」に私は救われました。

 

とても大変ですが、やりがいのある仕事です。

病院の窓口で体験した気分のいい出来事

これは、知り合いの方が患者としてある病院に行った時のことを聞いた体験談です。

 

大きな総合病院でも、小さな個人病院でも、窓口って病院の顔。
病院に行くときって緊張しているし、病院が好きな人ってあまりいないんじゃないかしら?

 

しかし、受付の方の対応が良かったりすると、緊張が一気にほぐれて、楽になるっていわれました。

 

場合によっては、病院の受付やスタッフの感じがいいか悪いかで、病院を決めてしまうことだってあると思います。
やっぱり行くたびに、不愉快な思いをするよりは、気分よく治療を受けたいですもんね。

 

知り合いが通っている歯医者さんは、先生をはじめ、受付の方、診療室のスタッフの方、皆さんとっても感じがいいそうです。

 

そのせいか、とても患者さんが多いので、予約をしていても結構待たされるのですが、
受付の方がきちんと気遣ってくださって

 

「予約されているのに、申し訳ありません。もう少しお待ちくださいね」
と声掛けをしてくださいます。

 

ちょっとしたことだけども、待ってる側からしてみれば、何も言われないより、一言声をかけてくれると、苛立つ気分もなく、「しょうがないか」と気長に待つことができます。

 

それにその方は歯医者が苦手なのですが、今の歯医者さんに通い始めて、とてもリラックスして治療を受けれるようになっっといってました。

 

とても嫌だった治療でさえ、病院の雰囲気一つで変わるものなんだなとびっくりしました。
おかげでたくさんあった虫歯も、もうすぐで治療が終わります。

 

先生の腕も大切ですが、病院の雰囲気や対応って大事なんだと感じました。

私が勤めていた病院での体験

これは、知り合いの歯医者で勤めていた人の話です。
歯科助手として働いていたのですが、主に先生のアシスタントと、受付作業が主でした。

 

受け付けは病院の顔になります。
病院の中でも、歯医者は嫌いな方が多く、皆さんとても緊張して来られる方が多いそうです。
そのため少しでも緊張がほぐれるように、患者さんの対応には気を使っていて、
それは先生からも事あるごとに言われていましたので、いつでも笑顔を心がけていたそうです

 

そうすると、最初はとても緊張して、まともに口を開けることができなかった方や、くるたびに泣いていた子供さんも、回数を重ねると、だんだん打ち解けてきてくれると同時に、きちんとした治療を受けることができるようになったといいます。

 

その前に働いていた病院は、先生も怖い方で、院内がとても暗いイメージでした。
なので、歯医者が苦手な方は、一度来ただけで、来なくなる患者さんも多くいたそうですよ。

 

ただでさえ苦手な歯医者なのに、感じが悪いと、なおさら来たくありませんよよね?
びっくりですが、先生が患者さんに怒鳴りつけたりすることもありました。気の短い先生だったようで…。

 

歯医者だけにかかわらず、職業柄、いろんな病院で受付の方の対応など気になって見るのですが、
やはり対応のいい病院って病院全体が明るく見えますね。
大切だと思いました。

 

 

≪医療事務の資格取得を検討される方へ≫
通信講座を検討中の方ならこちらがおススメです。
医療・介護・癒しに関する資格講座情報・資料請求サイト「シカトル」

 

通学をお考えの方はこちらがおススメです。
アビバの医療事務講座
資格のアビバ【資格対策講座】